永久脱毛を可能にする条件や仕組みとはどんなもの?

医療レーザーのキーワードは黒色メラミンと高効率。

短期間・短時間です。

それらをつなぎ合わせる永久脱毛の仕組みをお話ししておきましょう。

★永久脱毛を可能にするキーワードは黒色メラミン。

医療レーザーによる脱毛の仕組みは、黒いメラニン色素である髭に反応するレーザーを使用しています。

そうすることで、照射部位である髭に効率よくレーザーを集めることができ、短時間に脱毛効果を得ることができます。

医療レーザーがこれまでの脱毛法にくらべて患者への負担が極めて小さいと言われる理由は、このレーザーの特殊な仕組み(反応)にあると言っても過言ではありません。

★3つの条件を満たす医療レーザーだからこそ。

また髭に吸収された医療レーザーは瞬時に熱に変換されるという性質をもっています。

毛乳頭に壊滅的なダメージを与えられるのは、その熱のおかげです。

黒く焼き切ったような状態になるので、その毛乳頭・毛根から髭が再び生えてくることはありません。

すなわちこの一連の仕組みこそが永久脱毛に結びついています。

①短時間であること、②極めて効率的であること、そして何よりも③髭の再生率が低いこと。

この3つを満たすのは、医療レーザー以外にはありません。

★医療レーザーの仕組みが分ったら、永久脱毛を受ける前から習慣化させておきたいことがあります。

それは保湿習慣です。

どうせ永久脱毛の施術を受けるのだからと軽く考えている人が多いようですが、施術を受ける人の肌質が乾燥肌であるかどうか、手入れの行き届いた肌であるかどうかで、脱毛の度合いやスピードが違ってきます。

痛みの度合いにも差が出ます。

思い立った日から、保湿習慣を身につけましょう。

≫≫脱毛以外に男性が利用する美容系サロンについて:https://dime.jp/genre/682589/