不動産評価額に期待しすぎないこと

by ,

不動産(土地建物)を担保にお金を借りる不動産担保ローンですが、銀行からの借り入れの限度は評価額の7割程度と言われています。

基本的に貸出に慎重な銀行、あるいは借入者の経済的状況から厳しい対応をせざるを得ない場合は6割程度ということもありえます。

そもそもの不動産の評価額も期待通りでないことが普通、特に地方は厳しいでしょう。

登記内容をはじめとした法的書類のチェックは当然のこと、銀行の不動産査定の特徴は「欠点さがし」の一言に尽きます。

返済が滞った場合、銀行は担保である不動産を処理して債権を回収するわけですが、銀行は不動産販売価格の○○パーセントを手数料として稼ぐ不動産業者ではありません。

良い所をアピールして10万円でも高く売ろう!なんて姿勢は全くありません。

不動産担保ローンでなく、自宅購入のローン返済が滞った時の友人の例なのですが、金策尽きて家を売ることになり、しかし彼には他にも借金があって、債権者の一人から同意が得られなかっため売ることはできず、家は銀行のものとなりました。

この時点で5,300万円で買いたいという申し出がありました。

この買い手は銀行まで出かけていって「5,300万円で買いたい。」と担当者に話しています。

数か月後、銀行は当物件を競売にかけ、5,000万円で同じ人が競り落としました。

5,300万円で買い手がいる物件に、何故それ以下の最低売却価格を設定するのでしょうか?近隣の不動産物件の価格などから「これくらいは借入できて当然だ。」と期待しすぎてはいけません。