髭の永久脱毛、「サロンでは無理」と言われる理由や仕組みは?

髭の永久脱毛をするのに、なぜ医療レーザーでないと効果はないとされるのか、その理由を毛根・発毛の仕組みの上から説明してみましょう。

★永久脱毛に欠かせない2つのキーワードと仕組み。

一般的に医療機関(例:https://hige-gorilla-datsumo.com/)で行なう医療レーザーは、現代の脱毛法のなかではもっとも効果が高いとされています。

それはなぜかというと、毛根内部にある「バルジ領域」と「毛乳頭」に対してピンポイントで打撃を与えることができ、この2つの働きを停止させてしまうことができるからです。

髭の永久脱毛において、この2つのキーワードと仕組みを知っていれば、“永久脱毛はなぜ医療機関なのか”が理解できると思います。

★なぜ永久脱毛は医療レーザーでないとダメなのか?

毛根内部にある「バルジ領域」と「毛乳頭」のうち、毛乳頭は髭の毛細血管に接していて、そこから発毛に必要な栄養分を吸収しています。

一方でバルジ領域からは発毛に必要な因子が放出されています。

この発毛因子が毛乳頭に下りてくることで、たんぱく質などの養分がくまなく吸収されるという仕組みです。

医療レーザーは出力が強力なためその領域にまで達して発毛組織を一網打尽にできます。

★美容サロンなどで使われている脱毛マシンは出力が弱いので、永久脱毛に必要な“肝心の深さ”には到達しません。

サロンで脱毛施術を行なっても、半年すれば髭が生えてくるというのは、上記でお話ししたようなレーザーの出力と到達の深さに関係しています。

この仕組みを知っていれば、“永久脱毛の選択”に迷うことはなくなるはずです。